麻雀物語最新作が、1/299のST機で登場

heiwa麻雀2平和は2月10日、麻雀物語シリーズの最新タイトルとなる「CRキュインぱちんこ麻雀物語2〜めざせ雀ドル決定戦!〜」の発表展示会を都内上野の同社ショールームで開催した。

同社のヒットタイトル最新作となる新機種は、大当り確率1/299.3のミドルタイプ。連チャン性は、突入率100%となるST(100回継続)で創出され、ST継続率は約76.5%となっている。さらに、右打ち中の16ラウンド(2016個)大当りの実質比率が45%と、ミドルタイプながら、出玉のボリューム感と連チャン性を併せ持った仕様が特徴だ。

また、玉を2ルートに分けることで8個保留を実現した「MAX8」も進化。今作で「MAX8+(プラス)」と名付けられた役物に入賞した玉は、特図A、普図、特図Bの3ルートにそれぞれ振り分けられ、普図入賞時の電チュー開放(開放率1/4.6・開放時間0.5〜4.5秒)と、透明な役物内を通過する玉の流れを追うという楽しみ方を提案している。

演出面では、麻雀界のアイドルを目指すストーリーに沿って、お馴染みの美少女キャラクターたちが多彩な演出を展開。なかでも、可動型サブ液晶がメイン液晶と連動する迫力の演出は見所の一つだ。

なお当日は、「CR黄門ちゃま超寿〜日本漫遊2700Km〜」の甘デジバージョンとなる「CR黄門ちゃま超寿〜そこのけ もののけ 悪くじけ!〜99.9ver」も同時に披露された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年2月号

主な記事:

巨大ターミナル駅を舞台に展開された局地戦
首都圏随一の激戦区 池袋・渋谷・新宿の変遷

全日遊連が「依存対策実施状況調査」まとめる
依存対策実施率は高水準推移 今後の課題は周知活動

遊技通信創刊70周年記念対談・
グローリーナスカ株式会社 井寄義孝社長

インタビュー/矢野経済研究所主任研究員 高橋羊氏・青山財産ネットワークス取締役 島根伸治氏
コロナ後を先読みしたグループ店舗戦略と縮小マーケットにおける財産保全

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.