パイオニア、「変わらない」を掲げたパチスロ6号機のハナハナ最新作発表


パイオニアは10月23日、同社定番タイトル最新作となるパチスロ機の新台「ニューハナハナゴールド-30」のオンラインプレス発表会を開催した。当日は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、同社公式YouTubeチャンネルの限定公開生放送というスタイルで実施された。6号機初の30Φノーマルタイプとなる。

「ハナハナは変わらない」をコンセプトに開発されたという新機種は、お馴染みの告知演出であるハイビスカスが光るタイミングや頻度、さらにBB、RBなどが当たる確率を5号機ハナハナと同様に設計。5号機ハナハナシリーズと同様の打感を保ちながら、より遊びやすくなっているスペックが最大の特徴だ。

告知割合は、単独当選ゲームレバーON時が約85%で、残りが次ゲームレバーON時。ボーナスの獲得枚数は、BBが純増最大224枚でRBが同112枚となっている。また、様々な設定示唆要素が継承されているほか、新たなプレミア演出として、ストップボタンを押した際に振動する「バイブストップ」が追加されている。

ホール導入予定は来年1月初旬から。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.