SANKYO、遊タイム搭載のパチンコ花月に甘デジバージョンを追加


SANKYOはこのほど、業界初の遊タイム搭載機として今春リリースされた同名タイトルの甘デジバージョンとなる新台「PAフィーバー真2 Light Ver.」を発表した。

新機種は、大当り確率1/99.9(高確率1/12.2)のST機。確変突入率は100%で、ST継続は8回となっている。ST8回分を含む電サポは40回または257回。継続率は約65%となる。

遊タイムは、低確率250回消化で発動し、時短379回が付随。より遊タイムのゲーム性が体感しやすくなっている。大当り時は、500個もしくは1,000個の出玉が獲得可能だ。

ホール導入予定日は来年28日から。

©SANKYO





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.