セガサミー、LGBTへの取り組みで2年連続の最高評価を獲得

セガサミーホールディングスは11月11日、企業・団体のLGBTに関する取り組みを評価する「PRIDE指標2020」に、サミー、セガグループ、セガ、セガサミーホールディングスとの4社連名でエントリーし、昨年に引き続き、最高評価となる「ゴールド」を受賞したことを発表した。

この「PRIDE指標」は、セクシャル・マイノリティであるLGBTの人が、誇りを持って働ける職場環境の実現を目的とした任意団体「work with Pride」によって、2016年に策定された評価指標。評価は、PRIDEの各文字に合わせた「Policy(行動宣言)」「Representation(当事者コミュニティ)」「Inspiration(啓発活動)「Development(人事制度・プログラム)」「Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)」からなる5つの指標における総合点を集計。ゴールド、シルバー、ブロンズの3段階でランク付けされる。

今回の受賞について同社では、「多様性を理解し、受け入れることは新しいビジネスの創造につながり、社会をもっと元気に、カラフルにしていく大切な価値観と考え、ダイバーシティ経営に積極的に取り組んでいる。今後も多彩な人材が自分らしく活躍できる環境づくりを推進することで、皆様に多くの感動体験を提供していく」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.