ユニバーサル、人気ゲームモチーフに多彩な上乗せ契機を搭載したパチスロAT機を発表


ユニバーサルエンターテインメントはこのほど、パチスロ機の新台「パチスロ バイオハザード7 レジデント イービル」(アデリオン製)のプレス向け説明試打会を行った。同会は、新型コロナウイルス感染拡大防止を図るため、来場者を12月8日と9日の日程でそれぞれ2部開催にして密集を回避したほか、マスクの常時着用、手指消毒、検温なども実施された。

今回リリースされた新機種は、昨年1月に公表された同社とカプコンの業務提携を受けた第1弾タイトル。機種名にある通り、カプコンの人気ゲームタイトルをモチーフにしたAT機となっている。

通常時からは、一定のゲーム数を消化することで、バトル演出が2段階に渡って繰り広げられる自力突破型のチャンスゾーン「クライマックスバトル」に突入、バトル勝利でAT発動という比較的シンプルなゲームフローだ。また、前兆経由で直接AT突入というパターンが用意されているほか、チャンスゾーンを有利に展開するためのポイントを集めていくというゲーム性も盛り込まれている。

ATは1ゲーム純増5枚で、突入時は継続ゲーム数の上乗せ特化ゾーンからスタート。出玉に対する期待感は、多彩な契機で発動するゲーム数の上乗せで創出されており、なかでも、上乗せゲーム数が分裂して増殖していくシリーズ伝統の演出描写は見どころの一つだ。

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESRVED.
©UNIVERSAL ENTERTAINMENT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年3月号

主な記事:

回復基調に水を差す緊急事態宣言の再発令と措置の延長
低稼動状態からの反転攻勢へ 業績向上のカギはパチンコの管理

地域の発展や変化に合わせて拡大・伸張した激戦区の現在
首都圏繁華街にある「衛星都市」の変遷

全日遊連全国理事会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

遊技通信創刊70周年記念対談・
光和総合法律事務所 渡邊洋一郎弁護士

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.