3択押し順に設定差、大都が新感覚のパチスロ新台をリリース

大都技研はこのほど、パオン・ディーピー製のパチスロ機の新台「いろはに愛姫」のプレス向け試打会を都内京橋のショールームで開催した。

ボーナスとARTが融合した仕様となる新機種最大の特徴は、BB中やART中に発生するゲーム数上乗せ演出「青7揃い」を狙う3択押し順に、設定差を設けた点だ。

設定は全部で4段階となっており、3択押し順に差がない設定6除き、最初に止めるリールが正解となる比率の高さに応じて設定を分類。例えば、「設定左」の場合は、3択押し順の正解が、左リールに偏る仕組みになっている。

そのため出玉率も、設定6を除き、設定に対する見極めがどの程度早くできるかによって変動。「設定左」「同中」「同右」ともに、ボーナス合成確率は1/158.3で共通となっているが、出玉率は、96.8%〜104.1%まで変化する。

ボーナスの獲得枚数は、BBが150枚でRBが40枚。BB後はもれなくARTに突入し、ARTの純増は約0.3枚、平均初期継続ゲーム数は100ゲームとなっている。

ホール導入予定日は3月2日から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.