CRフィーバー機動戦士ガンダムの最新作がヘソ賞球5個で登場

ガンダムネット用SANKYOは1月19日、都内港区のグランドプリンスホテル新高輪で「CRフィーバー 機動戦士ガンダム-LAST SHOOTING-」のプレス発表会を開催した。
 
ロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」をモチーフとしたシリーズ最新作で、ヘソ賞球5個の採用が最大の特徴で「ANSHIN5」と銘打っている。大当り確率は1/319.7でV-STを採用し、「G-RUSH」突入率約51%、継続率約83%。右打ち時は大当りの50%が出玉約1651個の16Rとなる。
 
冒頭で挨拶した取締役専務執行役員営業本部長の富山一郎氏は遊技くぎ問題について「今パチンコをしている方が不安に思っている。不安を持ちながら遊ぶ娯楽はない」と是正の必要性を改めて指摘し、ファンが安心して遊技を楽しむ環境づくりのためにヘソ賞球5個を採用したことを強調した。
 
その後行われた機種プレゼンテーションでは、ヘソ賞球5個を採用することで従来の機種と比べ1000円あたりのスタート回数が3回多くなることを指摘。ユーザーの平均的な年間予算や1回あたりの投資金額にあてはめると、年間約15回多く遊技できるとの試算を示し、ユーザーにとってはより遊びやすく、ホールにとっては稼動をはじめとした業績面の向上効果が狙えるなど、双方にメリットがあることを訴えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

12月のホール企業採用熱、直近5年の同月比で最高値を記録

2020/1/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年1月号

主な記事:

PSともにゲーム性の拡がりを模索、来年早期の市場投入目指す仕様も
新規則機に示された7つの要件 市場環境に加わる新たな変革要素

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.