JPSは12月7日付けで、パチスロメーカー組合である日電協を法定脱退した。事業廃止により、組合員資格が喪失したため。同社は今年9月14日付けで代表者が綾部征四郎氏から、露峰孝氏に変更されていた。

同社は、新規則が施行された平成16年に日電協に新規加盟。「ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて」で5号機市場に参入してから、ヒット機種となった「2027」など、斬新なゲーム性を有した機種を次々と発売した。しかし、この数年は新機種の発表ペースが鈍化、今年6月に発表された「サマージャンボ」が最後のタイトルとなった。

また同社は、加盟していた遊技場メダル自動補給装置工業会でも、10月5日に退会届けを提出。同月の理事会で脱退が承認されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

保通協の型式試験、パチンコの適合率が今年最高水準に

2020/12/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.