SANKYO、パチスロ版ハルヒをリリース

はるひ筐体SANKYOはこのほど、パチスロ機の新機種「パチスロ涼宮ハルヒの憂鬱」をリリースした。

すでにパチンコ化が果たされている人気コンテンツを採用した新機種のスペックは、ボーナスとARTが融合した仕様で、ボーナスは純増約312枚、ARTは同1.8枚。なかでも、倍率という概念をゲーム性に組み込むことで、新たなARTの楽しみ方を提案している点が特徴だ。

この倍率を、ベースとなるゲーム数に掛け合わせた値がARTの継続ゲーム数になるというもので、倍率自体が上乗せされる特化ゾーンも用意されている。 はるひコピーライト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

12月のホール企業採用熱、直近5年の同月比で最高値を記録

2020/1/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年1月号

主な記事:

PSともにゲーム性の拡がりを模索、来年早期の市場投入目指す仕様も
新規則機に示された7つの要件 市場環境に加わる新たな変革要素

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.