SANKYOが「CRフィーバーマクロスフロンティア2」のプレス発表会

まくろすSANKYOは6月15日、都内渋谷区の南国酒家迎賓館で「CRフィーバーマクロスフロンティア2」のプレス発表会を開催した。

新機種はパチンコでは2011年以来となるマクロスフロンティアの最新作。スペックの詳細は明らかにされなかったが、ライトミドルの混合機として登場することが発表された。

冒頭で挨拶した取締役執行役員 営業本部長の富山一郎氏は「前作以上のパワーを込めて作り上げた」と新機種への意気込みを示すと共に、発表会にパチンコ・パチスロ関連のブログを掲載しているブロガーを招待したことに言及。「今回招待させて頂いたのは、新機種の宣伝をして欲しい訳ではない。ファンが減り続けているが、皆様の記事で一人でもファンを増やして頂ければという思いから」と語った。

続く市場提案プレゼンテーションでは現在の市場動向の分析と共にライトミドルの必要性をアピール。今後、日工組の申し合わせを受けたいわゆる駆け込みMAX機の登場でMAXの設置比率50%超えが予測されるなかで、各プレイヤーがそれぞれの立場に合わせて機種選択をできる環境構築し、遊技人口の回復に繋げるためにライトミドルが必要と指摘した。

また、MAXで発表することが販売台数の確保には繋がるというデータを示しながら、中長期的な視野に立ち、あえてライトミドルで発表したことを強調したほか、ライトミドル市場が盛り上がる時には核になる機種があったこれまでの動向を指摘し、「CRフィーバーマクロスフロンティア2」でライトミドル市場を牽引していきたいとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.