SANKYOがパチンコ蒼穹のファフナー最新作発表、最大ループ率80%超の2種タイプ

ファフナー2筐体SANKYOはこのほど、人気アニメをモチーフとしたパチンコ機の最新作「Pフィーバー蒼穹のファフナー2」をリリースした。スペックは、玉の動きが演出のポイントとなる2種タイプのライトミドル。ホール導入予定は、2月4日からとなっている。

新機種のゲーム性は、ヘソで小当りを狙い、上アタッカー※が開放されたら、役物内のV入賞で大当り。その後右打ちで下のアタッカーに玉を入れ、ラウンドを消化するという流れだ。

役物内のV入賞は、6穴の回転体内でハズレ穴を塞ぐ役割があるサポート玉がポイント。このサポート玉が多いほど、V入賞の確率が高まるというシンプルながら高揚感を刺激する演出に仕上がっている。

RUSHに直行する「乙姫ボーナス」の出現率は約1/199.7。直行および引き戻しを含むRUSH突入率は約57%で、RUSHの最大ループ率は約80.1%だ。出玉は1,080個または360個となっている。

※上アタッカーへの入賞がない場合、大当り及びサポート玉が出現しない可能性がある。

©XEBEC・竜宮島役場/©XEBEC・PLAN L/©XEBEC/FAFNER PROJECT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年5月号

主な記事:

不安定な市場環境受け試練続く新規則機への移行
パチンコ90万台、パチスロ76万台の旧規則機
高コスト体質のままの大量入替えへ

DK-SISオンラインセミナー「New Normal+ 軌跡が照らす明日への扉」開催

都心と千葉方面を結ぶ主要路線 総武線沿線ホールの変遷

東京ビッグサイトで「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」開催

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
ダイコク電機 栢森雅勝代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年4月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.