SANKYOが鹿児島県伊佐市などとコンテンツ創出を目的に新企画

まちぶん

SANKYOはこのほど、小説やコミックなどの投稿サイトを運営するエブリスタ社(東京都渋谷区)と共同で、市制10周年を迎えた鹿児島県伊佐市のPRを通じ、新たなコンテンツの創出を目的とする新プロジェクト「まちぶんin鹿児島県伊佐市」をスタートさせた。

このプロジェクトは、伊佐市を舞台にした小説を募集し、それをもとに新たなコンテンツを生み出そうという企画。伊佐市は地域をPRでき、SANKYOとエブリスタには新たなコンテンツ創出とその展開を図るという、それぞれにメリットがある試みとなっている。

応募条件は、伊佐市を舞台にした1万字以上推奨の小説(ジャンル不問)で完結すること。大賞(1作品)には、賞金50万円のほか伊佐市の特産品が送られ、書籍化、映像化も検討される。募集期間は7月2日から8月31日までとなっており、結果発表は11月上旬頃が予定されている。

応募は小説投稿サイト「エブリスタ」の申し込み窓口(https://estar.jp/_ofcl_evt_outline?e=155506)から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

新型肺炎感染拡大で業界内イベント延期・中止相次ぐ、新台納品に影響も

2020/2/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年3月号

主な記事:

解釈が揺れる「等」の文字が追加された意味合い
迷走する「ATM等の撤去等」問題 立場の違いによる対立の構図浮き彫りに

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.