SANKYO新台、アクエリオン新作は旧規則最大の出玉性能有した確変ループ機

アクエリオンWSANKYOは6月14日、都内台東区東上野の同社ショールームで人気シリーズ最新作となるパチンコ機「CRフィーバーアクエリオンW」のプレス向け試打会を行った。

初代「創聖のアクエリオン」と新たな「アクエリオンEVOL」双方のゲーム性が楽しめる新機種は、旧規則下最大となる2,400個の出玉性能を有した確変突入率65%のオーソドックスな確変ループタイプで、大当り確率は、約1/319.7(高確率約1/60.0)。時短は50or100回付随し、出玉は16R(2,400個)、8R(1,200個)、4R(600個)の3通りとなっている。

特図2大当りの振り分けは、40%が16R確変で、11%が8R確変、14%が4R確変、残りの35%が4R通常。また右打ち時には、普通入賞口での出玉も期待できる。

期待度が上昇するポイントは、これまでのシリーズ機同様、「合体」を伴う演出。より大掛かりな合体が発生するほど、期待度が増す仕組みだ。選べる確変中の演出には、初代モードも搭載されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

12月のホール企業採用熱、直近5年の同月比で最高値を記録

2020/1/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年2月号

主な記事:

旧規則機撤去後を見据えた動きも徐々に活発化
大型連休になった年末年始商戦 PSともに今年も稼動が続落

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.