SNKプレイモア、パチスロ事業撤退を正式に発表

SNKプレイモアは11月2日、パチスロ事業からの撤退を正式に発表した。10月に納品された「ビーストバスターズ」をもってパチスロ機の開発、製造、販売を終了する。市場環境の変化を受け、新たな成長戦略について検討を重ねた結果、パチスロ事業から撤退し、ゲーム事業とライセンス事業に経営資源を集中させるという。

なお、現在市場に設置されている同社製機種の故障や修理などのアフターサービスについては、引き続き対応するとしている。

同社は今年8月、中国などでインターネットゲーム事業を展開している企業と、米ファンド会社を通じて資本提携が決まったばかりだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.