SNKプレイモア、新試験対応の「遊べるAT機」リリース

プレイモア0331

上野和司執行役員営業本部長(左から2人目)、外山公一社長(同3人目)らが参加したフォトセッションも行われた

SNKプレイモアは3月31日、昨年9月から実施されている保通協の新試験方式に対応したパチスロAT機「ドラゴンギャル〜双龍の闘い〜」のプレス発表会を都内上野のオーラムで開催した。

同名人気コンテンツ第4作目となる新機種は、1セット50ゲーム、純増約2.5枚のATを搭載。通常時の1,000円あたりのベースが59ゲームと遊べる仕様ながら、様々なシチュエーションでATのゲーム数上乗せや、セット数連チャンが期待できるゲーム性が売りとなっている。

ATは主に、通常時に獲得した「宝玉」の数に応じて期待感が変動する「ムイムイチャレンジ」を経由して発動。4号機時代に人気を博した同チャレンジが進化して継承されている。さらに、AT中レア小役を引かないゲーム数に応じて、強制的にレア小役を出現させるシステムを採用。AT中の期待感を高める斬新なゲーム性が盛り込まれている。

挨拶した同社の外山公一社長は、「旧試験機と比べ、より遊べる仕様。そのうえ、ATに突入すれば、従来の出玉感も堪能できる。今の時代にマッチした遊べるAT。新規ユーザーの獲得やライトユーザーの呼び戻しに活用してもらいたい」と、遊びやすいスペックであることを強調。新機種の仕上がりに自信を示した。

また当日は、同機が同社の下取りプラン「倍々還元サポートプラン」の最後の機械となることも発表された。それに伴い、「戦空のキセキ〜SKY LOVE〜」「サムライスピリッツ〜剣豪八番勝負〜」「餓狼伝説PREMIUM」の下取り対象機種を4月25日までに返却すると、下取り1台に対し、新機種2台までがプラン適用価格の28万8,000円となるキャンペーンが実施される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

日遊協とDMMで総合健康保険組合の設立へ

2018/9/18

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年9月号

2018-9
主な記事:

浸水被害は12店舗、水没したホールは未だ営業再開できず
西日本豪雨 ホールにも甚大な被害

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.