SNKプレイモアを中国のゲーム企業が買収

中国のゲーム企業「37Games(三七互娱)」は8月6日、関連会社を通じてSNKプレイモア株式の81.25%を、約79億円で取得したことを発表した。ロイター通信などが伝えている。

リリースによれば、SNKプレイモアを、日本で最も有名なゲーム会社の一つとして紹介。そのゲームブランドに「キング・オブ・ファイターズ」シリーズ、「サムライスピリッツ」シリーズなどを挙げ、これらSNKプレイモアのIP(知的財産)が、中国の携帯電話ゲーム市場において、ライセンス収入を得ることができるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

12月のホール企業採用熱、直近5年の同月比で最高値を記録

2020/1/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年1月号

主な記事:

PSともにゲーム性の拡がりを模索、来年早期の市場投入目指す仕様も
新規則機に示された7つの要件 市場環境に加わる新たな変革要素

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.