「生き残り」ではなく「勝ち残り」をテーマにマースがセミナー

マース東京会場マースエンジニアリングが全国9カ所で開催する「2016マースセミナー」で、皮切りとなる東京会場が9月1日、都内新宿区の本社ビルで開催された。

セミナーの冒頭で挨拶に立った同社営業本部の秋山裕和本部長は、「今年も残り4カ月となったが、ホールのみならず我々にとっても課題の多い変革の年となりそうだ。環境変化にいかに順応し、いかに進化していくかを共通の課題とし、思考停止に陥ることなく取組んでいきたい」と述べるなどした。
 
セミナーでは、同社MSDプロジェクトチームの澤田陽介リーダーが、「『生き残り』ではなく『勝ち残り』」をテーマに、MSD(マース戦略データ)における全国の店舗の実データを元に、業界動向や今後の方向性を解説した。
 
この中で澤田氏は、現在進行している客単価の下落要因として、射幸性の低下、低価貸営業の普及、業界等価撤廃の動きといった3つの要素を挙げ、それぞれの現状をデータを元に説明。一連の状況を受けて、今後の売上確保には客数(来店頻度)を増やすことが絶対条件になるとして、「新規顧客」「既存顧客」「流出顧客」に対するアプローチ方法について解説した。
 
澤田氏は「新規顧客については、店舗外で接点を作って誘引する必要があり、時間を要することから、既存顧客への対応に力を入れるべきだろう。その既存顧客には、今まで以上の楽しさを提供して囲い込むしかない。そのためには、自店の得意分野で付加価値を作る必要がある」と述べるなどした。その上で、パーソナルシステムにおけるリプレイ導入効果、POSシステムによるファンとの接点作り、さらにはMSDの活用方法など、同社の設備を使った手法を紹介した。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.