アミュゼクス201712アミュゼクスアライアンスは12月14日、都内港区のNNスペースでの定例セミナーを開催し、田守順代表と矢野経済研究所の高橋羊上級研究員、ピーエスプランニングの渥美公一代表が講演した。

業界最新動向をテーマに講演した田守代表は、余暇進秋季セミナーにおける警察庁保安課の課長補佐講話の要点を解説。依存防止対策や射幸性の抑制について、自主的な対応を促されていることから、業界全体で問題解決に向けた取組みを積極的に行っていく必要性があると訴えた。また、ホール企業が進めているカジノ事業に関する進捗状況や神奈川県横浜市港北区エリアの商圏解説なども行った。

高橋氏は、11月中のオープン事例を解説。月内の新規店の数が昨年の10店舗から8店舗に減少していることを示し、「11月は例年、年末に向けて早めにオープンするケースがあり、おおむね15店舗前後の出店が見られるが、今年は10店舗にも届かないなど、出店意欲の低下が目立っている」と述べた。また、国勢調査を元に大都市圏の高齢化率をまとめたデータ紹介し、「人口の総数が増えていても、高齢化の進行でパチンコのターゲット人口が減少する可能性がある。自店や自社が展開している商圏がいつ衰退期に入るのか、しっかりと把握しておく必要がある」とした。

また、渥美氏は遊技機の販売動向からみた2017年の振り返りと来年度の市場環境を解説。パチンコは来年1月までの持ち込み機種の適合割合にも影響を受けるが、現行機の再販が多くなることが想定されるとしたほか、パチスロについては、現行規則機や各種認定機の活用と長期運用が戦略上の大きなポイントになると語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.