アミュゼクスが定例セミナー開催

OLYMPUS DIGITAL CAMERAアミュゼクスアライアンスの月例セミナーが6月13日、都内港区のNNスペースで行われ、田守順代表、矢野経済研究所の高橋羊上級研究員、ピーエスプランニングの渥美公一代表がそれぞれ講演を行った。

冒頭、アライアンスを代表して挨拶を行った田守氏が、6月から新年度に入った定期セミナー「業績アップにつながるマシーンと戦略セミナー第4弾」の開催主旨をあらためて説明。「混沌とする業界環境の中で経営戦略の決め手となるのは無形資源、つまり知識、ノウハウ、スキル、ケイバビリティ、ブランドといった知見だ。本セミナーでは自らの知見で問題解決ができるよう経営地力を養っていく。今後も実践的なセミナーを通じて皆さん方の経営のサポートを行っていきたい」と述べた。

セミナーでは「業界最新情報」をテーマに田守氏が一連の高射幸性パチスロ機問題について私見を語ったほか、高橋氏が新店情報として5月の新規出店数を3店舗と報告。「5月は例年出店が少なく、今年は前年(1店舗)を超えたとはいえ、3店舗に留まった。そうしたなかで目立ったのが、『ジアスセンター南店』。今月の注目エリアでも取り上げているが、かねてより大型店同士による競合化が進んでいた横浜市都筑区エリアでの出店ということで、新店の今後の動向に注視していきたい」と話すなどした。また、渥美氏は新機種導入速報として、台・顧客データを参考に「CRぱちんこ必殺仕事人V」を解説したほか、今後の新機種販売動向を踏まえながら、効果的な入れ替え戦略を述べるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.