アミュゼクスアライアンスがセミナー

OLYMPUS DIGITAL CAMERAアミュゼクスアライアンスのセミナーが6月16日、都内港区のNNスペースで開催され、アライアンス代表の田守順氏、矢野経済研究所の高橋羊上級研究員が講演を行った。
 
「業界最新情報」として講演を行った田守代表は、先般行われた日遊協総会における行政講話を「非常にメッセージ性の強い内容だった」と述べながら、6月1日よりスタートした遊技産業健全化推進機構による「遊技機性能調査」の概略を説明。特に遊技くぎの状態について現状、保通協試験時、ホールへの納品時などでそれぞれ異なっている可能性がある状態を憂慮した。その一方で、現実的な営業方法の観点からその対応が困難であることも指摘。「大変難しい問題だが、性能調査で問題が発見された場合、ホール、メーカーともに重い処分が下される可能性がある。業界団体にはなんとかソフトランディングできるような対応が望まれる」と語るなどした。

 
第二部では5月の新店情報を高橋氏が報告。矢野経済研究所が調査したところによると5月の新規出店は全国でダイナム(熊本県)とヴィーナスギャラリー(大分県)の2店舗のみ。例年、出店数の少ない時期ではあるものの、それでも過去9年間では平均10店舗前後のホールが新規出店していたことから、高橋氏は業況好転を示す新店出店が4月に続いて低調に推移したことを憂慮した。
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.