OLYMPUS DIGITAL CAMERAアミュゼクスアライアンスの定例セミナーが1月13日、都内の三田NNスペースで開催され、アライアンスの田守順代表、矢野経済研究所の高橋羊上級研究員、PSプランニングの渥美公一代表が講演を行った。
 
第一部では田守代表が一連のくぎ問題に触れ「一般報道があって間もなく、昨年12月25日に業界団体が記者会見を開き、声明文を発表をしたことで少し沈静化した印象だ。11月の上旬に問題が明るみになって約2カ月、結果的には業界にとってソフトランディングできたのではないか」と感想を述べた。また、6項目の宣言文にはくぎ問題に留まらず、高射幸性遊技機の取り扱いも触れられていることを強調しながら、「当面は1月に予定されている全日遊連の理事会および、業界団体による賀詞交換会が注目されるが、今後は業界全体で足並みを揃えることが大事になっていく」などと話した。
 
また、田守氏は昨年12月にフィリピンにオープンした「SONAR  AMUSEMENT」の近況報告として「全ての面でリーガルチェックを行い、正式に事業として立ち上げたことに意義を感じている。今は手探りの状態でプレオープンを重ねているところだが、今後は2店舗目、3店舗目を視野に入れながらマーケットの拡大を考えている」と説明。将来的には多店舗化による市場拡大を見込んでいる考えを示した。
 
セミナーではほかに、高橋上級研究員が12月の新規オープンの状況(前年同月比マイナス4店舗の57店舗)を報告するなかで出店各地の立地環境や競合状況を説明したほか、渥美代表が各メーカーの新機種販売動向を説明しながら、今後の入れ替え戦略などを解説した。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

日遊協とDMMで総合健康保険組合の設立へ

2018/9/18

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年9月号

2018-9
主な記事:

浸水被害は12店舗、水没したホールは未だ営業再開できず
西日本豪雨 ホールにも甚大な被害

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.