アミュゼクスアライアンスが定例セミナー

アミュゼクスアライアンスの定例セミナーが5月13日、都内港区の三田NNスペースで開催され、代表の田守順氏、矢野経済研究所上級研究員の高橋羊氏、PSプランニングの渥美公一氏がそれぞれ講演を行った。
 
「新店動向」について講演した高橋氏によると、4月の出店数は前年をやや下回る44店舗だった。年間を通じて出店数が多いGW前の新店だっただけに話題性のあるホールが多かったという。そのなかで高橋氏は、町田市のコンコルド(静岡県)跡地で、都内初進出となった「パールショップともえ町田609」や、善都が経営する2100台の超大型店「ZENT名古屋北店」、出店を加速させているアンダーツリーの「キコーナ相模原店」など、話題性のあるホールを幾つか取り上げながら、店舗概要を説明。それぞれの出店地を注目エリアとして、今後の競合状況の見通しを述べるなどした。また最近の出店傾向として、延田グループ(大阪府)の徳島県への出店や、永和商事(三重県)の宮城県への出店、慶尚(高知県)の愛媛県への出店など、他県へ参入する「飛び地出店」が顕著なことも付言した。
 
「新機種動向」について講演した渥美氏は、「パチンコについては、最近は注目機種の販売がなかなか決まらなかったり、販売が決まっても案件に対しての返答が遅れるなど、ホールの入れ替え計画が組みづらくなっている」と述べ、昨年から大手メーカーに販売台数を抑える傾向が及んでいると指摘。それに対応した戦略がホールに求められるとしながら、「今後、入れ替え予算はパチスロ中心に組むことも有効ではないか」などとした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.