アミュゼクスアライアンスが3月度セミナー

OLYMPUS DIGITAL CAMERAアミュゼクスアライアンスの3月度セミナーが3月17日、都内港区の東京グランドホテルで行われ、同アライアンスの田守順代表世話人が最近の業界動向に関して講演した。
 
このなかで田守代表は、3月初めに視察したという北海道の1000台超ホールの状況に触れながら、現在の大型店のトレンドなどについて解説。今のメガホールの必須条件として、「高度な空調システム」「2メートル60センチ以上の広い通路幅」「パチスロコーナーのR島と絨毯敷き」「パチスロコーナーへの大型情報端末機の設置」「受動喫煙者対策」「駐車場の二重線」「複合施設の充実」などを挙げ、これらの条件は大型店に欠かせないことを強調した。
 
そのうえで、「こうした設備をきちんと網羅した店舗は、パチンコ愛好者からの支持を集めて広くから客を呼び込めている。先々のことを考えると、5〜10店舗を経営しているチェーン店企業については1店舗くらい1000台超の大型店を作っていかないと、安定的な収益が見込めなくなることもあり得る」などと出店戦略についても提言した。
 
また、矢野経済研究所の高橋羊上級研究員が新店情報を説明。2月にオープンした新店は8店舗(前年と同一)で、そのうち㈱カクタが横浜市都筑区に出店した1676台の「パールショップともえセンター南店」を注目店舗に挙げ、その商圏動向を交えて解説するなどした。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

保通協の型式試験、パチンコの適合率が今年最高水準に

2020/12/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年1月号

主な記事:

店舗の減少傾向に歯止めかからず寡占化や遊技人口の減少で「駅前1店舗」のエリアも
首都圏主要エリアの店舗推移

MIRAIが第1回経営勉強会
持続可能な産業をテーマに討論会

遊技通信創刊70周年記念対談・
株式会社オオキ建築事務所 大木啓幹社長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.