アミュゼクスアライアンスが9月度セミナー

アミュゼ1アミュゼクスアライアンスの9月度セミナーが9月15日、都内港区の三田NNスペースで行われ、同アライアンスの田守順代表世話人が最近の業界動向について講演した。
 
このなかで田守代表は、ホール業界に求められる3つの重要ポイントについて説明。「行政指導に対する的確な対応能力」「営業戦略を顧客志向へシフトすること」「高収益依存体質からの脱却」を挙げ、これらの条件は店舗の維持・存続に欠かせないことを強調した。
 
そのうえで、「今後ホールは、これらにきちんと対応していかないと経営が危うくなる。遊技機環境が変化し、業界等価が崩れていくことを考えると、粗利はこれまでの3分の2ほどに圧縮するだろう。当然、これまでの収益計画を見直さざるを得ないし、金融機関への返済計画も変わってくる。いずれにしろ、ホール関係者は早めにシナリオを描いて対応していくことが求められる」などとアドバイスした。
 
また、矢野経済研究所の高橋羊上級研究員が8月の新店情報を説明したほか、PSプランニングの渥美公一代表が現在の遊技機環境に触れるなどした。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.