OLYMPUS DIGITAL CAMERAアミュゼクス・アライアンスの定例セミナーが12月15日、都内港区の三田NNスペースで開催され、田守順代表が先頃フィリピンにゲームセンターとしてオープンした「SONAR AMUSEMENT」の概要説明を行うなどした。
 
「SONAR AMUSEMENT」の出店にあたっては、田守代表が昨年7月にアジア・アミューズメント開発㈱(略称・AAD)を立ち上げ、関係者らとともにパチンコ店営業のビジネスモデルを海外向けにカスタマイズした運営スキームを提供している。田守代表は12日に無事にオープンを迎えることができたとしながら「当日は遊技に必要なICカードをおよそ400枚程無料で配布したせいか、反応は上々。非常に熱気のあるオープンを迎えることができた。現在にところ新しい遊技モデルということで、競合店が存在しないブルーオーシャン状態になっており、新たなビジネスチャンスに繋げていけると思っている」と現地の様子を報告しながら自信を覗かせた。

今後は田守代表も現地へ赴き、視察する予定で、次回のセミナーではさらに詳しい報告ができると述べた。田守代表によると発表以来、現在まで6社の業界企業から問い合わせがきているという。

第二部では、矢野経済研究所の高橋羊上級研究員が11月の新規オープン状況を説明した。それによると11月に出店したホールは前年同月比でマイナス2店舗の10店舗だった。そのなかで高橋氏は静岡のABCグループが約2年ぶりに出店した「ABC浜北店」や、浜友観光の40店舗目「楽園なんば店」、延田エンタープライズの新店「123+大阪本店」などが目立った動きとしながら、各地の競合状況をそれぞれ解説するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.