エンタメ学会がカジノのジャンケッターをテーマにセミナー

OLYMPUS DIGITAL CAMERAカジノに関する調査や研究を行っているロケーション・エンタテインメント学会は3月12日、都内港区の金沢工業大学虎ノ門キャンパスで、「カジノ産業におけるジャンケッターの役割と法制」をテーマとしたセミナーを開催した。

セミナーでは、VIP層とカジノ施設の仲介役を担うジャンケッターという存在が果たしている役割や事業構造などを、カジノ導入国の事例をもとに解説。それを踏まえ、今後日本でカジノが解禁された場合、このジャンケッターという制度をどう捉えるべきかという問題提起に加え、導入時に予想される課題や法的問題点を説明した。

講師を務めたエイベックス・インターナショナルホールディングス社長の北谷賢司氏は、「日本で想定されているような巨大なIR施設を作っても、一般客層からの売上規模では、建設費の回収すら危ないだろう」と述べ、国内のカジノ解禁議論のなかでほとんど触れられることのない、ジャンケッターについての考察を、カジノ施設の経営的な観点からも深めるべきとの考えを示した。

また、ジャンケッター制度を日本の法的見地から解説した弁護士の大橋卓生氏は、特に与信業務を行う際の問題点を指摘。「この制度を日本に導入するには、既存の法体系をベースに、新たな立法措置を講じる必要がある」と述べ、その際は、資金提供から債権回収までを想定した制度を設ける必要性を訴えるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.