エンビズがパチスロ規制強化を受けたセミナーを開催

エンビズ総研は12月11日、都内のアキバプラザセミナールームでAclubセミナーを開催。先頃発表された保通協の出玉試験手順の一部変更に伴うパチスロの出玉規制を見据えた今後の対応について、パチスロメーカー、タイヨーの渡辺倫成副社長とエンビズ総研マーケティングプロデューサーの永井優志氏、営業コンサルタントの一色豪氏が講演した。
 
渡辺氏は「今回は試験方法が変更されるまでの猶予期間がなかったため、各メーカーともかなりの損失を受けている。当社も開発中の機械についてはリールの制御や液晶、スペックがそれぞれ連動している部分もあるので、仕様変更には半年近くの期間が必要になる」とメーカーサイドの影響を述べた。また今後の機械環境については、当面新台の魅力が低下する恐れがあるので、これまで新台入替に頼っていたホールは、中古機の活用や既存の機種の育成など営業方針を再考する必要があるのではないかと指摘した。
 
永井氏はパチスロユーザーの新たな受け皿として甘デジタイプのパチンコ機の積極活用を提案し、パチスロユーザーに向けた機械運用や機種選定、ユーザー同士のコミュニケーションや快適性を重視した店内コミュニティーの構築などを推奨。一色氏は、自店のポジショニングに応じたAタイプの増台や中古機の活用、PS設置比率の見直しなどを提案した。

エンヒ?ス?12月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.