エンビズ総研、アルバイト採用の秘訣をレクチャー

エンタテインメントビジネス総合研究所は8月27日、都内秋葉原のアキバプラザで、近年、採用難が顕在化しているアルバイト採用を効果的に行う手法をレクチャーするセミナーを開催し、多数のホール人事担当者などが受講した。

第1部の講師を担当したパルマSVC社の藤本勝典社長は、リクルートフロムエー勤務時代の経験を踏まえつつ、アルバイト採用市場の現状を解説。「バブル期も人手不足だったが、当時は正社員が不足していたのに対し、今はアルバイトが足りない状況だ。この傾向は、2020年の東京五輪後までは改善される余地がないと考えるべき」と述べ、さらに異業種とのアルバイト争奪戦が今後、より激化していくとの考えを示すなどした。

また、アルバイトを採用する側が、人が集まらない対応策として時給を上げていく傾向があることに対し藤本氏は、「時給を上げ過ぎると、仕事がキツイのでは、と捉えられ、逆に敬遠される」と指摘し、それよりも、「週一、二可」や「シフト提出週一」といったアルバイトを探す人のニーズに沿った募集文面の作成を推奨した。

一方、第2部で登壇したエンビズ総研・営業コンサルタントの一色豪氏は、アルバイト採用の極意として、実際の求人広告などをもとにレクチャー。一色氏は、「アルバイト採用もホール営業と同じマーケティングが必要。現状を把握し、ターゲットを設定する。そして、そのターゲットがそこでのアルバイトに感じる価値を検討することが大事になる」と述べ、具体的なターゲットモデルを示しながら、効率的な採用戦略を説明するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

ゴトイメージ

日電協がパチスロの不正改造ゴト被害を集計、約6年半の被害総額は推計280億円に

2019/2/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年2月号

2019-2
主な記事:

ギャンブル依存の文脈に沿って高まる批判 社会の目を意識せざるを得ない情勢に
取材系イベントへの規制強化が問うホール広告に対する新たな倫理観

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年1月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.