エンビズ総研が新卒採用の要点と早期離職の防止策を解説

エンビズ7月セミナーエンビズ総研は7月27日、都内のアキバプラザセミナールームでAclubセミナーを開催。組織人事コンサルティングを手掛けるアクティブアンドカンパニーの古澤裕二氏と同社人材コンサルタントの西岡隆氏が、新卒採用の要点や初期教育、早期離職の防止策などについて講演した。
 
古澤氏は、経団連の採用選考に関する指針が2016年卒の新卒採用から変更され、広報開始が12月から3月、選考開始が4月から8月と大幅に繰り下がったことによる影響を予測。今後企業側は、母集団の形成に苦慮するのでは無いかと指摘したほか、中小企業は、選考期間が大企業や公務員と重なることによる競争激化や内定者フォロー対策が重要になると述べた。
 
さらに同社が実施したアンケート調査を元に、学生の就業に対する意識や志向を紹介。堅実経営などの安定に加えて、働きやすさや他人に奉仕することを喜びと捉える「利他心」が強いことが窺えるとして、仕事と生活の調和が取れる企業風土や社会貢献などを積極的にアピールすることが、企業のイメージアップに効果的だと語った。
 
西岡氏は、エンビズ総研が実施した調査をもとに、入社3年以内の離職理由について解説。「他にやりたいことができた」「仕事が合わない」「人間関係が上手くいかない」という3項目が上位に挙がっていることから、早期離職をくい止めるためには、職場環境の整備とやりがいを感じさせる雰囲気作りの必要性を述べた。
 
また、西岡氏は新卒者の不安や不満を払拭するための注意点として、段階に応じた教育機会の提供や新人指導者の育成を挙げたほか、各職位ごとの役割や業務内容を可視化することを提案。具体的な作業内容や目標を示すことで仕事の理解度や技術の習得状況が理解しやすくなり、課題をクリアした達成感を与えることができると語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.