エンビズ総研 遊技機の開発者向けにセミナー

エンビズセミナ3月エンタテインメントビジネス総合研究所は3月9日、都内秋葉原のアキバプラザセミナールームで遊技機メーカーの企画開発やマーケティング担当者を対象にしたセミナーを開催した。セミナーでは同社の藤田宏社長とマーケティングプロデューサーの永井優志氏が、先に発表した「パチンコ・パチスロプレイヤー調査2016」を元に、ユーザーの遊技動向や遊技機開発に必要な考え方などを解説した。

藤田氏はプレイヤー調査の結果で、参加率は前年とほぼ変わらなかったものの、4円パチンコユーザーのミドルタイプ離れやパチスロヘビー層の減少が進行していることを報告。さらに、パチンコはSTよりも確変ループタイプ、パチスロはボーナス+ARTの支持が高まっているというデータを挙げ、「開発者視点でみると技術論になりがちだが、プレイヤーの志向やニーズを把握することが重要。こうしたデータを開発に活かして欲しい」などと述べた。

これを受けて永井氏は、近年のヒット機の特徴として、企画段階からファンのタイプを明確化し、プレイヤーの好みに合わせて開発した機種が支持を集めているという分析結果を報告。「八方美人で誰にでも好かれようと思うと徐々に当初のコンセプトがぶれてしまう」として、顧客視点の反映やターゲットの絞り込みの重要性を解説した。

さらに永井氏は、近年マーケティングの分野で注目されている「ペルソナ・マーケティング」の手法を紹介。特定の人物像を設定し、そのターゲットが満足するサービスを設計するというもので、「広がりのあるターゲットを層でみると具体的な課題が解決しにくくなる。確実に届く層にアプローチしてファンを掴むことができれば、そこから派生する話題性や口コミ効果でヒットを生み出すことができる」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年8月号

主な記事:

ギャンブル等依存症対策関連業種の「パチンコ一人負け」状態続く
出玉性能は依存の原因とはいえない「依存対策=業の疲弊」の構図からの脱却へ

エリアレポート・厳しい競争に晒され駅前ホールが極端に減少
長期の業況悪化にコロナ禍 京浜東北線沿線「浦和3駅」の変貌

インタビュー/日本遊技機工業組合 榎本善紀理事長
管理遊技機市場投入は来年4月を目処にプラスアルファ搭載で検討

インタビュー/余暇進 佐藤正夫新会長
憩いの場としてのパチンコの役割と原点を意識し時代に合わせた対応を

遊技通信創刊70周年記念対談 ・ 全商協会長 中村昌勇氏

令和3年度日遊協総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

社会貢献大賞表彰式、石川県遊協と金沢支部が合同で受賞

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.