グローバル社セミナーでアリスト菅沼社長が講演

グローバルアミューズメントは8月21日、定例の機械評価勉強会を都内渋谷区で開催し、秋の客数低下期対策を講じるとともに、第一講座では、アリストクラートテクノロジーズおよびスパイキーの社長を兼務する菅沼正典氏による遊技機開発をテーマとした特別講演が行われた。

菅沼社長は、昨今のパチスロ市場動向を踏まえながらメーカーの開発傾向を解説。「高純増タイプと呼ばれる純増2.8枚前後のAT機が多く供給され、メーカーはAT、ART中にどうやってプレイヤーを盛り上げていこうかと苦心している。そして今は、初当りが近く、ゲーム性としては上乗せという形が主流になっている」と現状を分析。その上で、ノーマルタイプを除くパチスロ市場が、高純増AT機一辺倒になってしまうことの懸念を示し、「例えば、ボーナス+ARTなどのスペックでジャンルを多様化し、プレイヤーの選択の幅を広げる必要もあるのではないだろうか」との考えを示した。

一方、秋の客数低下期対策について講演した同社の青山真将樹社長は、過去の客層データをもとに、力を注ぐべき客層として、シニア層、主婦層、さらには、学生などの若年層を挙げた。それら客層に対するアプローチとして、パチンコでは、甘海を中心とした甘デジ、パチスロではジャグラーシリーズや30パイなどの強化を推奨。また平日の昼間から遊技する若年層に向けては、長時間遊技が可能なパチスロコーナーの構築を提案するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年11月号

主な記事:

半導体に続き樹脂や金属類も不足、周辺機器市場へも影響与える
深刻化する部材不足による新台の停滞 試練続く経過措置期間の遊技機環境

「レジャー白書2021」発表 コロナ禍の余暇市場まとめる
新型コロナ禍が拍車掛け市場規模も大幅縮小 求められる「ファン人口」より「参加人口」拡大の施策

ホール企業と組合が各地で職域接種

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑪ 日工組理事長 榎本善紀氏

話題の新サービス ダイコク電機「スマート入場システム」

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ①「業界動向10大キーワード」

幕張メッセで「東京ゲームショウ2021」開催

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.