グローバル社セミナーでアリスト菅沼社長が講演

グローバルアミューズメントは8月21日、定例の機械評価勉強会を都内渋谷区で開催し、秋の客数低下期対策を講じるとともに、第一講座では、アリストクラートテクノロジーズおよびスパイキーの社長を兼務する菅沼正典氏による遊技機開発をテーマとした特別講演が行われた。

菅沼社長は、昨今のパチスロ市場動向を踏まえながらメーカーの開発傾向を解説。「高純増タイプと呼ばれる純増2.8枚前後のAT機が多く供給され、メーカーはAT、ART中にどうやってプレイヤーを盛り上げていこうかと苦心している。そして今は、初当りが近く、ゲーム性としては上乗せという形が主流になっている」と現状を分析。その上で、ノーマルタイプを除くパチスロ市場が、高純増AT機一辺倒になってしまうことの懸念を示し、「例えば、ボーナス+ARTなどのスペックでジャンルを多様化し、プレイヤーの選択の幅を広げる必要もあるのではないだろうか」との考えを示した。

一方、秋の客数低下期対策について講演した同社の青山真将樹社長は、過去の客層データをもとに、力を注ぐべき客層として、シニア層、主婦層、さらには、学生などの若年層を挙げた。それら客層に対するアプローチとして、パチンコでは、甘海を中心とした甘デジ、パチスロではジャグラーシリーズや30パイなどの強化を推奨。また平日の昼間から遊技する若年層に向けては、長時間遊技が可能なパチスロコーナーの構築を提案するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.