ピーマップスが無料セミナー「機械研究会」を開催

IMG_2417ピーマップスは9月13日、都内上野で無料セミナー「第138回機械研究会」を行った。今回のセミナーは、同社と船井総合研究所、矢野経済究所が協力して情報発信などを行うプロジェクト「元気30000発」とのコラボセミナーとして開催。約200人のホール関係者が来場した。講師は、ピーマップスの本田正豪専務、パチスロ営業のコンサルティングを行うエスサポートの三木貴鎬代表、船井総研の岡田龍也エグゼクティブ経営コンサルタント。
 
本田氏は、新基準パチンコ機のファン動向について解説するなかで、ミドルに ついて、「確変ループの採用などで出玉の安定感を持ち味とする機種」と「V確STなどで射幸性を追求した機種」のそれぞれに固定ファンがいることを指摘 。その両方をカバーする機種設置が必要だと述べた。
 
一方、三木氏は、年末までのパチスロ営業について「新基準機の業績不振や、新台を集客の柱とする戦略が限界を迎えてる」などとした上で、新台購入を抑えて出玉に還元していかなければ今後は厳しくなると予測した。
 
岡田氏は、顧客のセグメンテーションや育成機種の絞り込みを行い効率的な 投資を図る、いわゆる「選択と集中」が極端になるあまり、かえって客層を狭めているのではないかと指摘し、「今いる顧客を選別するのではなく、新たな価値 を提案することで新規客を獲得する方向性が必要だ」などとした。
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年9月号

主な記事:

拡大する第2波の影響も適正な対応で被害は最小限に抑止
拡がり始めた従業員の感染 大手ホール中心に確認相次ぐ

2019年度パチンコ・パチスロ依存問題対策実施状況報告書

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.