全遊振が例会、三井会長が財務改善を呼びかけ

IMG_5867全国遊技ビジネス振興会は11月19日、都内上野のホテルパークサイドで第3期の9回目となる例会を開催した。

同会の三井慶満会長は、現在協議が進行している遊技機の撤去問題に触れながら、「色々な噂が流れており、今後の事については不透明感が拭えない。ただ、その中でもやって置かなければならないことは、財務の改善だ。その上で、今後の経営をマイナスでシミュレーションし、企業防衛を図る必要がある」と述べ、最悪の状態になったとしても、ある一定期間持ちこたえられるように、財務体制を整えておく重要性を呼びかけた。

また例会では、効果的にホール販促を行う手法を、株式会社アールプロモーションの石橋龍馬社長が解説したほか、このほど手打ち式パチンコをリリースしたA-gonと愛喜がプレゼンテーション。A-gonは「CRA-gon昭和物語」、愛喜は「CRAコスモアタック7」をそれぞれ紹介した。さらに、その運用、活用方法について、株式会社S・K・Pの高橋正人氏がレクチャーするなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.