全遊振が例会、今後の遊技機運用などで議論

IMG_0853全遊振は6月16日、都内台東区の上野ホテルパークサイドで第4期第5回例会セミナーを開催した。例会では、A&A代表取締役の中澤徳吉氏、アールプロモーション代表取締役の石橋龍馬氏、小森ワーキング代表取締役の小森勇氏、S・K・P代表取締役の高橋正人氏がそれぞれのテーマに沿って講師を務めた。

そのうち、今後の遊技機運用などについて議論を行った高橋氏と小森氏は、「パチンコとパチスロ」「損益分岐」「低貸し」といったテーマごとに意見を交換。パチンコとパチスロのどちらを営業の中心と捉えるべきかという議論では、利益面の観点からパチンコを推奨する高橋氏に対し、小森氏は規制の影響を受けないノーマル機に注目機種が出てきているとし、パチスロに力を注ぐべきとの考えを示した。

また損益分岐についての議論では、店舗が大事にしなければいけないヘビーユーザーが望む営業形態を採るべき、という高橋氏の主張に対し、小森氏は、いわゆる業界等価が撤廃されてきている流れを、さらに進めることが必要との意見を述べるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.