全遊振が新規則機で討論会、パチンコ機の新たなカテゴライズなどを提案

全遊振1018全国遊技ビジネス振興会は10月18日、都内台東区のホテルパークサイド上野で第6期8回目となる例会セミナーを開催した。当日は、小森ワーキング代表取締役の小森勇氏、TKC代表取締役の高橋正人氏、メイドインサービス取締役部長の飯田信一氏、サン電子チーフアナリストの北瀬紳一郎氏によるパネルディスカッションが行われ、新規則機について意見が交わされるなどした。

このうち北瀬氏は、すでにホール導入された設定付パチンコ機の業績推移データを指し示しながら、「新規則機の高ベースが売上性能に影響を与えている。またデータでは徐々に設定を下げていったことがわかるが粗利はそれほど増えていない。しかし、この台粗利の低さは、勝てる機械ということで、若年層を中心としたパチスロユーザーが設定付パチンコ機を打っているということを裏付けているデータでもある」と分析した。

一方の高橋氏は、パチンコ機のカテゴライズについて言及。「パチンコ機に設定が搭載されたことで、これまで確率帯ごとで分類してきたコーナーが成立しなくなってくる。そのため、パチスロ機のように、例えばV確STコーナーなど、ゲーム性でカテゴライズして新規則機を訴求していく方法も考えなくてはならないのではないだろうか」と提案した。

また飯田氏は6号機の見通しについて、「設定を能動的に使うのであれば、6段階設定は必要だろう。ノーマルタイプであれば、4段階でもいいだろうが、それ以外のタイプでは、設定判別要素をシビアに捉える遊技客との駆け引きを考えれば、上にも下にも見える設定がないと、見切りが早くなる」との考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年8月号

主な記事:

ギャンブル等依存症対策関連業種の「パチンコ一人負け」状態続く
出玉性能は依存の原因とはいえない「依存対策=業の疲弊」の構図からの脱却へ

エリアレポート・厳しい競争に晒され駅前ホールが極端に減少
長期の業況悪化にコロナ禍 京浜東北線沿線「浦和3駅」の変貌

インタビュー/日本遊技機工業組合 榎本善紀理事長
管理遊技機市場投入は来年4月を目処にプラスアルファ搭載で検討

インタビュー/余暇進 佐藤正夫新会長
憩いの場としてのパチンコの役割と原点を意識し時代に合わせた対応を

遊技通信創刊70周年記念対談 ・ 全商協会長 中村昌勇氏

令和3年度日遊協総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

社会貢献大賞表彰式、石川県遊協と金沢支部が合同で受賞

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.