全遊振が第9回目となる例会を実施

全国遊技ビジネス振興会(三井慶満会長)は11月20日、都内台東区のパークサイドホテル上野で今期第9回目となる例会を開催した。今回の例会では、三井慶満会長をはじめ、ワゴンサービスなどを手がけるミューズサポートの加藤千津営業統括マネージャー、トータル・ノウ・コネクションズの高橋正人社長らがそれぞれ講演を行った。

冒頭に登壇した三井氏は、視察したというフィリピンのカジノ事情を解説。「規制緩和を実施し、人を集めようとしていることを実感できた」としながら、翻って日本が少子高齢化の進行に伴い、「人口構造は変わらず、個人の支出が増えていく。可処分所得で成り立っている業界は、何もしないでいたら尻窄みになる」と述べ、業界の将来に危機感を表した。

続いて、ミューズサポートの加藤氏が、自身の経験をもとに女性スタッフ育成のポイントを説明。さらにトータル・ノウ・コネクションズの高橋氏は、風営法の量定基準について解説を行ったほか、今後の注目機種などを紹介するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.