変革期迎えるパチスロ営業で業績アップセミナー

船井全景web0611船井総合研究所は6月11日、都内品川区の五反田オフィスで、パチスロの業績アップを図るセミナーを開催。多数のホール関係者が受講した。
 
当日のセミナーは、業績を上げるポイント別に分類した4つの講座で構成。第1講座は、チーフ経営コンサルタントの成田優紀氏、第2講座はチーフ経営コンサルタントの徳村英志氏、第3、4講座は渡邊龍信氏と河駿氏がそれぞれ講師を務め、まとめとして、上席コンサルタントの今西優貴氏がセミナーを総括した。
 
そのうち成田氏は、パチスロの新台がパチンコの新台よりも業績に貢献する頻度が高まっているとしながら、4円パチンコの減台と、20円パチスロの増台を提案。「パチスロは、パチンコと比べ、営業の仕掛けがたくさんある。今はパチスロで業績を伸ばすしかない」と訴え、過去の名機を加えた、バラエティ島の強化などをその施策の一つとして示した。
 
また第2講座の徳村氏は、20円パチスロの業績向上に向けたポイントを解説。店舗を設置台数や稼動などで分類し、それぞれに最適な営業手法を示した。さらに、今後のキーマシーンとして「沖ドキ!」を挙げた成田氏は、同機を軸にヤング、ミドル層向けの、比較的射幸性が高いコーナーの創出を提案するなどした。
 
一方、セミナーを総括した今西氏は、パチスロ市場の方向性について触れながら、リニューアルによる集客戦略を解説。「昔のような話題機大量導入ではなく、今のリニューアル成功要因は、どれだけファンに期待感を抱かせるかどうか」と述べ、最低でも3日の店休を経たリニューアルを推奨するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

12月のホール企業採用熱、直近5年の同月比で最高値を記録

2020/1/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年1月号

主な記事:

PSともにゲーム性の拡がりを模索、来年早期の市場投入目指す仕様も
新規則機に示された7つの要件 市場環境に加わる新たな変革要素

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年12月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.