未来研究会がセミナー開催

未来研究会遊技産業未来研究所主催のセミナー「未来研究会」が9月27日、都内墨田区の東京スカイツリーイーストタワーで開催され、業界関係者およそ30名が受講した。
 
第一部で集客戦略をテーマに講演したPRC代表の中田藤生氏は、ホール経営を取り巻く市場環境が縮小していくなかで、従来のように射幸性を全面的に打ち出した販促や、頻度の高い入れ替え、といった集客戦略はいずれ通用しなくなると指摘し、今後、周辺店舗を相対比較した新たな営業戦略を提言。「来店客が自店以外でどのホールへ行っているかを知ること。そしてその店の新台入れ替えや設備機器、営業調整、サービス、景品の品揃えなどを様々な面で分析し、自店が抱える問題点を改善することが大事だ。相対比較で総合力を身に付けることが、地域で集客、稼動を上げることに繋がる」と、ライバル店の実態調査を踏まえた店づくりの重要性を呼びかけた。また、主催者代表の中野忠文氏は、8月に導入された3機種のハイミドルを多角的に比較したほか、7月、8月のパチンコ営業実績を稼動と粗利の両面で解説。特に稼動が持ち直したミドルタイプについては「もともと分類し辛いジャンルだが、今回はバラエティへの設置が中心のためか、圧倒的に高い粗利を出した。低迷していたミドルタイプの稼動がせっかく向上したのに、長く続かずすぐに戻ってきた。ホールはもっと柔軟に活用すべき」と、慎重な営業調整を呼びかけるなどした。
 
セミナーではほかに、ソニー生命保険の猪野塚伊彦氏がWEBによる販促手法を多面的に解説。急速な展開が見込まれるネットによる「認知・拡散」が、新たな集客戦略に繋がる可能性が示された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.