未来研究会セミナー、ライトミドルの店内シェア増を推奨

未来研究会遊技産業未来研究所は5月23日、都内墨田区の東京スカイツリーイーストタワーで定例セミナー「未来研究会」を開催。同社代表の中野忠文氏、チャーリーロドリゲス湯谷こと、PRC代表の中田藤生氏、ユニークワークス営業部長の上田健介氏がそれぞれ講演を行った。

このうち、「昨今のパチンコ店の戦略トレンド分析」と題して講演した中田氏は、今後の人口推移を踏まえながら、年配層を意識したターゲット戦略を推奨。「人口の4分の1を占める年配層向けの広告宣伝が欠落しており、店舗からのアプローチはほぼ皆無。Web広告は活発化しているが、パチスロでは旧基準機の煽りがほとんどで、パチンコ機のアプローチはユーザー増の契機にはなっていないのではないだろうか」と述べ、今後は、年配層の支持を集める取り組みを推進することが肝要だと呼びかけた。

一方、パチスロ戦略についてレクチャーした上田氏は、これからしばらくの新台市場で中心となってくる5.9号機との向き合い方について、「少しだが貢献できる機種も出てきている。これまでの傾向から、規制強化後、半年ほど経過すると良い機種が出てくる傾向がある。優先順位は6号機だが、5.9号機も実際に見てみることが大事」とし、ゲーム性や適正台数を見極めた上で、5.9号機導入の判断を下すことの重要性を指摘した。

また中野氏は、今の市場動向を受けた対応案として、設置されているパチンコ機スペックバランスの見直しを提唱。「今のライトミドルの勢いを維持しながら、店内シェア増の検討に入ってもいいかもしれない」と語り、甘デジやハイミドルの稼動が芳しくない機種を、ライトミドルおよびTS100〜120前後の準甘デジに入れ替えることによる店内設置比率の変更を勧めるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.