船井総研が、パチスロ営業の業績最大化をレクチャー

船井総合研究所は6月4日、都内の同社五反田オフィスでパチスロ営業の業績最大化を図ることを目的としたセミナーを開催し、多数のホール関係者が受講した。

講師を務めたのは、同社の今西優貴上席コンサルタント、徳村英志チーフ経営コンサルタント、成田優紀経営コンサルタント、西川佳孝チーフ経営コンサルタントの4人。それぞれが、消費税増税後の市場や損益分岐の変更動向を踏まえ、業績向上を図るために取り入れるべきパチスロ営業戦略を解説した。

そのうち今西氏は、消費税増税に伴い、メダル1,000円で47枚貸しとする枚数調整で消費税を預かる店舗の営業事例を示しながら、「今20スロに残っているプレイヤーは、勝額を重視する層が多く、47枚貸し営業は、地域の上位店であればノーリスクで導入できるだろう。客数はまず落ちることはない」と述べ、導入を推奨。その告知手法については、少しでも売上が立つ機械でその差を体感してもらうことが最も重要だと解説した。

一方、徳村氏は、パチスロ専門店の最新出店動向を紹介しながら、成功要因を分析。ポイントとして、パチスロ営業における投資の優先順位を説明しながら、「新台での勝負にこだわり過ぎずに、競合店を見据えた主力機種での勝利を優先すべき」とし、次いでジャグラーシリーズの強化を挙げるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年9月号

主な記事:

拡大する第2波の影響も適正な対応で被害は最小限に抑止
拡がり始めた従業員の感染 大手ホール中心に確認相次ぐ

2019年度パチンコ・パチスロ依存問題対策実施状況報告書

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.