船井総研がコンシェルジュ店長育成アカデミー

船井総研は9月9日、都内千代田区の東京本社においてコンシェルジュ店長育成アカデミーを開催した。
 
コンシェルジュ店長とは同社が提唱する女性を中心とした店長モデルで、ホールにおける接客サービスの責任者を担う。計数管理や営業戦略の責任者はマーケティング店長と規定し、2人の店長を置くことを提案している。
 
また、人材不足が深刻化するなかで、女性社員活用の必要性が指摘されるなか、企業側が女性のキャリアアッププランを提示できず、意欲のある女性社員でも活躍する場が限られている現状を踏まえ、新たな女性の出世モデルとしてもコンシェルジュ店長を提案している。
 
同アカデミーは7月より開講しており、今回が2回目となる。今後は年4回ペースでの開催を予定。ホール企業には女性管理職を目指す人が少なく、社内に相談相手がいないことに配慮し、参加者の交流を図る親睦会も併せて開催している。
 
今回のセミナーには20名の女性社員が参加。講師は同アカデミーのコーディネーター的な役割を務める同社シニア経営コンサルタントの加藤振一良氏をはじめ、中右有美経営コンサルタント、アミューズメント支援部の色摩美里氏らが講演した。
 
セミナーでは実際の接客場面を想定したロールプレイやグループディスカッションを交えながらコンシェルジュ店長に必要なことを解説。また、社内にモデルとなる女性管理職がいない状況を想定し、女性店長の経験者を招いた対談形式の講義も開催。体験談を通じて、男性部下への接し方や自分に続くコンシェルジュを目指す女性部下の育成方法などをアドバイスした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.