船井総研がパチスロ専門店戦略でセミナー

船井総合研究所は8月6日、都内品川の同社五反田オフィスで、パチスロ専門店の出店戦略や、営業手法に特化したセミナーを開催した。

講師は、アミューズメント支援部PSビジネス広報チーム、チーフ経営コンサルタントの島田雄一郎氏、同チーフ経営コンサルタントの徳永英志氏、同チームリーダー、シニア経営コンサルタントの今西優貴氏の3人に加え、ゲスト講師として、千葉県内で専門店を経営するエスエーアイ社代表取締役の斉藤好一氏が務めた。
 
このうち、斉藤氏は経営店舗で実践している営業戦略を披露。ジャグラーシリーズと、ハナハナシリーズを合わせた自店の設置比率が50%になるというこれら2機種を軸に、大手ホールとの競合状況を生き抜く術を解説した。

「内訳は、ジャグラーが38%で、ハナハナが12%。この理由はシンプルで、ジャグラーは5号機のなかで、一番いい機械だと考えているから。それに競合店に負けじと、話題のATやART機を次々と導入する体力勝負では、小規模店に勝ち目はない」と述べ、その一方、ジャグラーやハナハナは、トップ導入にこだわるなど、特定機種に特化した局地戦で大手ホールに対抗する考えを示すなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.