船井総研がマーケティングを学ぶセミナーを開催

船井セミナ2015年12月船井総合研究所は12月1日と2日、都内五反田オフィスで「Re-HALL2015」を開催した。2日間に渡ってホール営業におけるマーケティングの知識を解説する長時間セミナーで、最終日には理解度を試すためのグループワークや卒業テストも行われた。
 
「船井流パチンコマーケティングのコツ」をテーマに講演した上席コンサルタントの宮田義徳氏は、縮小傾向にあるホール市場は、今後生き残りを賭けた消耗戦が激化すると予測。その戦いに勝ち残るためには、激変する時流に適応しながら競合にはない長所を伸展させていく必要があるとして、ホール営業で考えるべき差別化要素を解説した。
 
商圏設定とその調査法について講演したレジャー・アミューズメント支援部の渡邊龍信氏は、海や山、川などの地理的要因だけではなく、大きな国道や幹線道路、橋など人の動きを遮るものが心理的な分断要因になるとして、商圏設定時に考慮する必要があると述べたほか、総務省や各市町村が提供している人口動態や世帯数、地域の産業、就業データなどを活用することで、おおよその商圏特性や遊技者の割合、好まれる遊技機の傾向が予想しやすくなるとして、公的なデータの有効活用を推奨した。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.