船井総研が新規出店をテーマにセミナー開催

OLYMPUS DIGITAL CAMERA船井総研は1月29日、都内品川区の五反田オフィスで「新規出店・リニューアル集客大成功」セミナーを開催。同社チーフ経営コンサルタントの島田雄一郎氏が成功店舗の事例を紹介しながらホールの出店戦略を解説した。
 
まず最初に昨年末の新規出店が減少傾向に陥っている状況を説明した島田氏は、減少化の大きな原因は、一店舗あたりの大型化の進行とともに、折からのファン人口の減少やAT・ART機の試験方法の変更といった不安定な市場環境によるものだと指摘。さらにそうした環境下で資材の価格高騰や店舗運営に必要な人材確保が困難になっている状況が新規オープンの進行を妨げている原因になっていると語った。
 
その一方で島田氏は、減少傾向に陥っているとはいえ、昨年末に新規出店した少なからずのホールが大きな成功を収めているとして、幾つかの事例を紹介しながらその成功要因を解説した。
 
島田氏は、まず出店を行う上で重要になるのが台当たり人口と遊技人口比率のバランスだと指摘。その上で店舗構成として「PS比率は63%対37%で、ほぼ6対4の構成率が妥当。1円パチンコは全体の25%〜30%の幅だが、強気の営業を行いたいなら20%台で抑えるべき。パチスロに関しては地域によって5スロは採用せず、30パイに力を入れているホールもあるが、これは徹底したマーケティングが必要。客層を充分把握して戦略を練って欲しい」などと語った。成功・失敗の判断基準として「オープン当初の初期稼動と第2週目稼動の維持率で見るべき。成功させるためには第2週目を85%〜90%のレンジで維持できるかどうかにかかっている」と提案。その手法として「グランドオープンで一気に出玉を放出するのではなく、競合店との兼ね合いをみながら、段階的にメリハリを付けた出玉営業を行うべき」と受講者へ呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.