遊都が公開セミナーでスタッフの定着率アップの実践例を紹介

愛知県豊田市のホール経営企業、遊都(都筑益惠代表)は1月15日、名古屋市中村区の「ウインクあいち1008」でベネフィット・ワンと共催による公開セミナーを開催した。

セミナーでは、RAINBOW港店の中村嘉樹店長が同社スタッフの定着率向上に向けた様々な取り組みを講演。2009年当時の離職率157%という状況を、2014年に38%まで改善させた施策を紹介するなどした。

同社では2010年に経営理念を策定するとともに、社内プロジェクトが主導して「おもてなしの本質」を言語化。理念浸透のために表彰制度とインセンティブ・ポイント付与による、会社や一緒に働く仲間からの感謝を伝える仕組みを構築した。

具体的な取り組み事例として中村店長は、スタッフが日々の業務の中で実践した「おもてなし」を、専用用紙に記入して全社で共有する「OMOME(おもめ)制度」を紹介。表彰制度ではおもてなしを実践しているスタッフ間での投票を行い、模範スタッフには活躍の場を広げる「ハッピースタート制度」を実施し、モチベーションの向上を図るなどした。

さらに、こうしたインセンティブ・ポイントの付与として、ベネフィット・ワン社のポイントシステムを2014年に採用し、おもてなしに特化し、理念を実践しているスタッフに対する「遊都おもてなしボーナスポイント」を開始。これらの取り組みの結果、離職率が劇的に改善したほか、厳しい業界環境の中にありながら、それまで減少傾向にあったグループ売上高は2010年比で152.7%になったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

7月のホール企業採用熱、2カ月連続の上昇で徐々に回復

2020/8/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年8月号

主な記事:

関心高まる加熱式タバコの対応
稼動回復に向けて設置の動きが加速

パチンコ新台も5年ぶりに増加、中古も下落傾向に歯止め
遊技機の流通量に底打ち感 パチスロ新台は7年ぶりの増加

ダイコク電機が「DK―SIS白書2020年版」を発表
業界総粗利の下落続く 売上ではパチスロがパチンコを逆転

次亜塩素酸水業界に広がった困惑 最終的には「新型コロナに有効」

日遊協通常総会における警察庁保安課 小堀龍一郎課長講話

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年7月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.