都内で大規模な合同セミナー「JAPaN」開催、約750人の業界関係者が来場

ジャパン全景業界最大級となる合同セミナー「JAPaN」が11月22日、都内の中野サンプラザで開催され、およそ750人の業界関係者が会場を訪れた。

全23講座が設けられた今回のセミナーでは、最新の業界情報をはじめ営業戦略など、テーマごとに各講師が登壇。業界が抱える様々な問題の改善策や、今後の営業指針などをレクチャーした。

そのうち、2コマ分の時間を使って行われたパネルディスカッションでは、ホール経営者、現場管理者、ファン、依存問題関係者、業界シンクタンクの代表者らがそれぞれの立場で、現状認識や今後の課題などについて意見を交換。さらに自民党の平沢勝栄衆議院議員もビデオ出演した。

そのなかで平沢議員は、「娯楽の多様化に伴い、業界が厳しいのは当たり前で、選んでもらうには努力が必要だ。業界が生き残るには、規制を嘆くのではなく、危機意識を持ち、一致団結して中から変えていかないとならない」と苦言を呈した。

また、ホール経営者の立場としてパネラーを務めたMIDジャパンの三井慶満社長は、「今は混乱期にあり、業界がまとまって将来のビジョンを打ち出せていない」と問題提起。今後については、「未来志向をもって、次世代へつなぐ意識を持って経営を行っていくことが重要だ」との考えを示すなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.