img_1462web日本アミューズメントパチンコ産業ネットワーク(=JAPaN、高橋正人代表)は11月22日、全国遊技ビジネス振興会、パチンコ・パチスロKAI総合研究所、ぱちんこ情熱リーグ、小森会らとの無料コラボレーションセミナーを、都内の中野サンプラザで開催。ホール関係者など約600人が受講した。JAPaN主催の大規模セミナーの開催は、今年7月以来2回目となる。

中野サンプラザの3フロアを貸しきって行われた当日のセミナーは全20講座。「共進の未来」をメインテーマに、業界動向をはじめ、遊技機やホールマネジメント、人材育成、マーケティングなど、幅広いジャンルに渡ってセミナーが用意された。

うち、パチンコ業界の未来について議論を交わしたパネルディスカッションでは、JAPaNの高橋正人代表がメインMCを担当。パネリストには、全遊振最高顧問を務めるエム・アイ・ディジャパン三井慶満社長、ぱちんこ情熱リーグ理事長のミナミ・エンタープライズ吉原純浩社長、パチンコ・パチスロKAI総研の石川忍研究員、小森ワーキングの小森勇社長、矢野経済研究所の鮫島将克上級研究員らが登壇。業界の厳しい状況を踏まえながら、生き残りのカギとなるポイントについて意見を述べ合った。

そのなかで三井氏は、「今の注目点は遊技機運用にある。これが昔と大きく変化しており、わずかな差が大きな差に繋がっている。今までのやり方を疑っていくことが重要。むしろ何か違和感の生じるような考え方を求めている」と述べ、従来の常識にとらわれない遊技機の運用形態を解説するなどした。また高橋氏は、広告宣伝規制をはじめとする、昨今の行政指導の厳格化に触れながら、改めて量定基準を説明。営業上の注意点を呼びかけるなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.