【パチスロ新台】ハナハナ最新作登場、シリーズ最高の出玉率を実現

パイオニアはこのほど、ハナハナシリーズ第10作目となる新機種「ニューキングハナハナ-30」を発表、8月7日には、都内のショールームで内覧会を開催した。

重厚感溢れる新筐体「ロイヤル筐体」を採用した新機種は、お馴染みのハイビスカスランプ点灯でボーナスが確定するという分かりやすいノーマルタイプ。今も現役で稼動しているホールも多い前作「キングハナハナ-30」の基本的なスペックを継承しながらも、設定6での出玉率はシリーズ最高となる112%を実現した。

ボーナスは、BBが純増最大312枚、RBが同130枚。MAXベットボタンや筐体上部のLEDランプを使った告知演出も新たに盛り込まれている。

納品は沖縄、九州、北海道地区が9月15日から。それ以外の地区では、10月上旬から順次行われる予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

全日遊連 高射幸性パチスロの設置比率規制の再検討へ

2018/11/1

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.