【パチスロ新台】プレイヤーの「宝箱」選択と、上乗せゲーム数抽選が同期

ユニバーサルエンターテイメントは7月30日、映画化もされた人気アメコミをモチーフにした新機種「スロット バットマン」(エレコ製)の記者発表会を都内港区のTKPガーデンシティ品川で開催した。

疑似ボーナス搭載型のART機となる新機種最大の特徴は、ARTゲーム数の上乗せ演出「上乗セレクト」での抽選スタイルにある。

この「上乗セレクト」は、プレイヤー自らリール停止ボタンをプッシュするなどして、液晶表示されている複数の宝箱から任意で一つを選択。宝箱を開けて判明する上乗せゲーム数は、プレイヤーの判断がそのまま内部抽選と同期した結果が示されており、リアルな宝箱の選択をプレイヤーが堪能できるゲーム性になっている。また上乗せゲーム数には、必ず3ケタが盛り込まれている。

ARTは、純増約2.3枚、1セット50ゲーム+α継続する仕様で、主にチャンスゾーンを経て発動。チャンスゾーン突入時のART突入期待度は50%以上となっている。

発表会で同社の長谷川崇彦マーケティング戦略室 室長は、「開発はどうしてもゲーム性を足し算しがちで、結果として複雑なものになってしまうケースもある。一方、このバットマンは、演出と内部抽選を同期させた上乗せゾーンの分かり易さと、チャンスゾーンに突入すれば、2回に1回はARTに当るという、簡単に説明できるゲーム性になっている」と新機種を紹介した。

TM&?DC Comics. (s14) ?UNIVERSAL ENTERTAINMENT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.