【パチスロ新台】上乗せシステムを遊技者が選択可能

平和が新機種「パチスロ黄門ちゃま 喝」(オリンピア製)を発表し、11月5日には、平和の東京支店で展示会を開催した。

黄門ちゃまのシリーズ最新作は専用筐体を採用した純増約2.5枚のAT機。最大の特徴はATの初期ゲーム数を決める上乗せ特化ゾーン「印籠チャンス」のシステム。上乗せ期待度が異なる4つのタイプが用意されているのだが、どのタイプを選択するか決める際に、その振り分け率を6モードから選ぶことができる仕組み。

一定のゲーム数を確保しておくか、上乗せなしの可能性があるが、大量上乗せを狙うのかなどを、遊技者が自ら選ぶことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

1月のホール企業採用熱、5カ月ぶりに平均値を下回る

2020/2/17

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年2月号

主な記事:

旧規則機撤去後を見据えた動きも徐々に活発化
大型連休になった年末年始商戦 PSともに今年も稼動が続落

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年1月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.